コーディングの知識について

知っておいて損はない、デザイナーに必要なコーディングの知識について

過酷な仕事?コーディングの仕事内容について紹介していきます。

TOP > コーディングの知識を身につけるなら

コーディングの知識を身につけるなら

コーディングの知識を身につけるなら

デザインだけではないWebの可能性にも気付こう!

コーディングの知識を身につけるなら

HTMLとCSSをゼロからはじめて未来を創ろう

WebサイトなどのWebコンテンツを作る為の基本となる言語がHTMLとCSSです。HTMLとCSSの記述(コーディング)ができるようになれば、自社内での仕事の幅も広がったり、異業種からでもWebデザイナーやコーダーとしてWebの制作会社に就職や転職をすることも可能になります。

IT技術関連(情報処理・通信技術者など)は、まだ人手不足の状況です。HTMLやCSSのスキルを習得した方は、管理的部門や専門的・技術的職業に就く方が多く、スキルアップだけではなくお給料のUPも叶えている方も多いのです。

もしWebサイトが作れるようになると、例えば..宣伝・広報効果・ブランド認知・売上への直接効果、仕入れ・調達・販売・受注/発注に関するコスト・マンパワーに関する削減効果、カスタマーリレーションの向上・取引先(販売店・ディーラー)との流通効率を向上させる事も可能になってきます。

また将来は、デザイナーやコーダーからディレクターへステップアップする方も多いです。そうなると、様々な業界の販売・営業部門や経営・企画・人事部門、広報・宣伝部門・マーケティングやサービス部門などと、年齢を重ねても長期的にチームに参画できたりと、将来の可能性も拡がって来ます。

企業が求めるウェブの現状

HTML・CSSをマスターした人が、実際にどの様な業務を専任・兼業しているか具体的に挙げてみます。
多い順から、コンテンツの企画・制作・サイトデザイン・サイトの運用や更新及びメンテナンス・アクセス解析の分析レポート作成・SEO対策・キーワード広告の出稿や運用・メールマガジンやSNSの作成及び配信・問合せ対応..でした。今、あなたが興味を持ってやってみたい業務内容はどれでしょうか?

現在、Web化やサイトを必要と考える企業が殆どで、今まで外注していたアウトソーシングから企業内部にて内製するケースが多くなりました。この様な流れを受けて、今多くの企業では専門スキルが高く専任できる人材を求めており、少なくても更新スキルがあり、他業務との兼務が可能な人材を必要としています。 この様な背景と、変化の激しいWebのスピード感の中で、 いかに充実した設備と実践に即したカリキュラムで、最新の専門性のスキルをどこで習得するかが、とても重要になってきます。

>>未経験でも最新のスキルをマスターできる東京デザインプレックス研究所

コーディングの知識、これだけは身につけておくべし!
まずは、Adobe Dreamweaverをマスターする

ウェブデザイナーに適した、フリーのオープンソースのコードエディタは数多くあります。その中で特に初心者に人気なのが、Dreamweaverです。アドビシステムズが販売している、容易にコーディングができるデザイナーに最適なWebサイト作成ソフトです。 ホームページを作成する為の編集機能やレイアウトの表示機能・ファイル管理機能・ FTP接続など、制作や更新作業に必要な機能が有り、一元管理もしやすく一纏めになっている統合ソフトウェアです。 初心者からプロも使用する本格的なホームページが作成できます。PCからタブレット・スマホまで、あらゆる画面サイズで表示できるレスポンシブなHTMLwebサイトを作成・コーディング・編集・管理が分かりやすく簡単にできるので、おススメです。

CMSの必須スキル「WordPress」の圧倒的シェア

Webサイトを構築する時のひとつの選択肢として、WordPressがあります。Webサイトのコンテンツを構成するテキストや画像・デザイン・ レイアウト情報(テンプレート)などを、一元的に保存・管理するシステムです。現在は通常のWebサイトより、この様なCMS(web制作に必要な専門的な知識が無くても、webサイトやコンテンツを構築・管理・更新できるシステム)で開発を行う事の方が多いです。

機能性と自由度の高さから、個人ユースからあらゆる企業まで世界中で圧倒的に支持をされています。構築後に、クライアントが「自分達でサイトを更新・運用したい」時などにも最適です。
WordPressは「テーマ」と呼ばれているデザインテンプレートが予め用意されていて、簡単にWebサイトやブログのデザイン・機能等をカスタマイズすることができます。 また、テーマは世界中のクリエイターによって公開されているので、デザインに特化したお洒落なサイトが多いのも特徴です。

コーディングを気軽に学べる無料ウェブサービス

ウェブの世界は、すごいスピードで進化して行きます。見ている書籍が古かったり、専門用語が多く図解の少ない文章での説明だけでは、初心者にとっては理解しづらい部分もあるでしょう。

そこで活用したいのが、ウェブサービスを利用する方法です。ウェブ学習であれば書籍と違ってインタラクティブな勉強ができますから、忙しくなかなか時間が無い方や独学にも向いています。専門学校に通っている人が、数をこなす練習や知識の補足・より深めようという場合にも助けになるでしょう。
ここでは、無料で学ぶことのできる代表的なサービスをいくつかご紹介します。

CODEPREP

http://codeprep.jp/

トップページには、分かりやすくカテゴリ別に学習STEPが並んでいて、初心者がゼロからコーディングを学ぶためのオンラインサービスだといえるでしょう。また、目的別にカテゴリ分けも細かくなされている為、中級者以上の人が特定のスキルを身につきたい場合にも役立ちます。

実際に頭と手を使ってプログラムコードを記述しながら学んでいくので、身に付きやすい!
実践的に学びたい人にとってはおススメできます。

Schoo

https://schoo.jp/guest

Schooは、20万人以上の会員が登録している大手オンライン学習サイトです。TOEIC対策からコミュニケーション術までさまざまなジャンルの講座を開いているのが特徴で、もちろんウェブ制作に関する講座も充実しています。

コーディング・プログラミング・ウェブデザインと、それぞれの分野でしっかりとした授業が行われていますから、ウェブ制作に関するあらゆるスキルを身に付ける事も可能でしょう。

Progate

https://prog-8.com/

無料で始められる、初心者向け学習サイト。コーディングの基礎を学びたいという人にオススメなのが、こちらのProgateです。

まるでゲームを進めていくかのように、段階的に要点をクリアしながら学習を進めていきますので、楽しみながら自然と実践的なコーディングを身に付ける事ができます。

>>デザイン以外の指導も受けられる東京デザインプレックス研究所!

オススメの記事

WEBディレクター
WEBディレクターに就・転職!短期間で即戦力を身につける!

PR 東京デザインプレックス研究所

webデザイナー
WEBデザイナーの労働環境|気になる給料は?
プロアスリート
ウェブデザイナーに必要な能力|フリーランスになるには?
そのほかにWEBデザイナーになるために必要な知識やスキル

PAGE TOP